トップページ水耕栽培野菜って?

水耕栽培野菜って?

水耕栽培の良さ

野菜は本来土で育つものです。しかし近年の野菜は、農薬や肥料を始めとする化学物質の影響や、土そのものの有害物質による汚染などが明らかとなり、土で育った野菜が必ずしも健康的な食材だとは言い切れなくなっています。
柿田川野菜では農薬をまったく使わずに野菜を育てる水耕栽培を行っています。

この水耕栽培には清潔さと安心感の他にも、野菜の生育上の大きなメリットがあります。

代表的なものは、土での栽培でつねに問題となる連作障害がほぼ発生しないこと。また野菜の根に土によるストレスがかからないため、通常よりも早く成長すること。さらにはそれぞれの野菜の旬の環境を一年中与えられるため、つねに安定した生産ができることなどが挙げられます。

栄養価について

野菜にとってつねに最もストレスの少ない生育環境を整えることができるのが水耕栽培のメリットです。このため育つ野菜はとても柔らかく、香り高いものになります。
もちろん野菜の成長に必要な栄養分も、緻密な計算のもとに管理されています。

土での栽培の場合、土壌外に流出する栄養分を確実に管理補充することがとても難しいため、出来上がった野菜の栄養分もバラツキがあるのが現実です。

しかし水耕栽培の場合はこれを心配する必要がないので、つねに均一な栄養をしっかりと蓄えることができます。

また微量栄養素についても、野菜が最も吸収しやすいよう検証された栄養分を時宜に応じて確実に与えていますので、一年中いつでも栄養たっぷりの美味しい野菜を食べることができるのです。

栄養素含有率の比較

※通常栽培のレタス・五訂増補日本食品標準成分表より算出。
※「柿田川野菜」のレタス=「みらい(技術供与)」のレタス:(財)日本食品分析センター調べ。

レシピ募集 オリジナルレシピを募集しています。

通販のご案内

試験結果